神崎アリア

Eno.114 神崎アリア 

種族 人間
性別 女性
年齢 20歳
身長 167cm
誕生日 1月14日
3size 91/60/90
所属世界 何処かの平和な世界
PL名 レモンボム(@remonbom)


詳細

好きなもの、こと…研究(好きなことへのみ)、ガーデニング、甘いもの
嫌いなもの、こと…激しい運動、辛すぎるもの、他人を悪用する人
得意なこと…家事全般
苦手なこと…目立つこと、嘘をつくこと

性同一性障害で自分の性別への意識と身体的な性別に違和感が生じており、自分を女と受け止めた上で男のような振る舞いをしていた少女。
今はかなり精神的に疲れているからか、男性的な振る舞いがたまに出来ていない。

ロシア人と日本人のハーフ。
母親に教えてもらっていたのでたまにロシア語を使ったりしている。
木陰で寝ていたりぼんやり立っていたりやっていることは様々だが、何処か憂鬱そうに見えるかもしれない。

彼女を男として接するのを彼女は強制はしていない為、女として接するかは自由で、女として接しても嫌われることはない。
女性として接せられるなら彼女はちゃんとそのように応える。

因みに彼女は自分を女性ともちゃんと理解しているので、美容やお洒落に気をつけていたり、普通の女性より女性らしい部分もあるが、今は物資がなくてかなり困っている。

此処に来た理由は「友人達との再会と新しい出逢いの為」と言っていて、口では言わないが療養の目的も含まれている。
願い事や天使や悪魔については自分とは違う次元の話だとぼんやり考えているが、もし願いが叶うのなら「好きな人達とこれからも人間らしく生きていたい」と言うつもりらしい。

元の世界のこと

魔法がある世界。
少し非科学的で自然が多い。
二年前、彼女が帰ってから数日後に震災に見舞われ彼女は家族や人々を守る為に働いたが、その結果左手の薬指と小指は潰れ、左腕全体に痣が残った。
あまり気にしてないように人には言い、自分にも命を守れたと言い聞かせていたが、病気を持ちつつも結婚願望があった彼女は薬指がなくなったことにかなりショックを受けていた。

彼女の世界では魔法でも魔力が通りやすい身体の部位が個々にあり、彼女は左手だったが、かなり通りにくくなってしまったのでその後から左手の中指に魔力を通りやすくするポイズンリングをしている。
彼女が勝手に毒薬を中に入れているが。

家族は両親、弟と妹で五人家族。
家族は自分が病気持ちでも差別せず育ててくれた為、彼女は家族をとても愛している。
震災では彼女が身体を張って守った。
紐でかけられ首からさげられた指輪は、家族でお揃いのもの。

実はバイセクシャルで男性とも女性とも付き合ったことがある。「中途半端で面白味がない」のをかなり気にしているが、好きな人は一期からいる。かなり諦めかけているけど気持ちに変わりはないらしい。

所持品

☆…貰ったもの

  • リュックサック
  • アルター(手鏡)

Eno.114サブ 阿世知 勇作 

種族 不明
性別 男性
年齢 20歳
身長 169cm
誕生日 4月27日
所属世界 何処かの平和な世界

詳細

精神的に弱っているアリアに大学の教授が頼んだアリアの監視役であり中学からの友人。
元々の世界の用事もありたまにしか顔を出せないが、彼女に最低限のことだけはさせるつもり。

お節介な訳ではなく、仲間や友人意識がかなり強いだけ。
普段はあまり多くは語らないが、親しくなった人のことは心配したりする。

  • 最終更新:2014-12-11 00:17:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード